• HOME
  • その他
  • IFIJ(輸入食料指数)

2011年3月1日(火)より、本所ホームページにおいて、「輸入食料指数」の公表を開始しました。

■IFIJ直近30営業日の推移

■輸入食料指数(以下、「IFIJ」という。)について

  • IFIJ開発の背景 
     近年、地球温暖化現象が懸念されるなかで、異常気象等の頻発による干ばつや洪水被害は、世界各地で食糧生産に深刻な影響を及ぼしており、また急速な経済発展を遂げる中国をはじめとする新興国の消費拡大やバイオエネルギーへの農産物の転用等による需要拡大もあって、世界の食料需給は逼迫した状況にある。さらに、リーマンショック以降、世界経済が不安定化するなかで、為替変動や投資資金の商品市場への流入等が拡大しており、食料価格は多岐にわたる変動リスクに晒されている。
     他方、わが国の食料供給体制は、先進国において最低水準にある自給率、生産基盤の脆弱化、国際社会からの市場開放圧力等、様々な課題を抱えている。なかでも、わが国が世界有数の食料輸入国であることは非常に重要な要素であり、輸入食料価格の動向は国民生活に多大な影響を与えている。
     こうした中、本所では、わが国特有の輸入構造に即した輸入食料価格動向に関する指標を提供し、家計消費をはじめとする多方面の経済活動に寄与することを目的に「輸入食料指数(以下「IFIJ」という。)」を開発し、これを公表することとした。

  • IFIJの位置付け
     本所は、平成21年12月より、大阪大学の助言を得て、「IFIJ」の設計について検討を重ねてきた。「IFIJ」は主要輸入食料の国際的価格水準の動向をわが国の輸入構造に即して指数化したものである。また、将来的には、金融商品のボーダーレス化が進むなかで、資産運用に関するポートフォリオに組み込むことを含め、リスクコントロールのツールとして活用されることを想定している。

  • IFIJの設計概要
    IFIJの構成銘柄は、以下の通り。
    • トウモロコシ(CME)
    • 大豆(CME)
    • 小麦(CME)
    • 生牛(CME)
    • 赤身豚肉(CME)
    • アラビカコーヒー(ICE US)
    • 冷凍オレンジジュース(ICE US)
    • ココア(ICE EU)
    • ロブスタコーヒー(ICE EU)
    • 菜種(ICE CA)
    • 砂糖11号(ICE US)

    基準日は2004年12月31日とし、その前日の海外セツルメント価格及び為替レートより基準値を算出している。
    • トウモロコシ(CME):209.95円
    • 大豆(CME):561.66円
    • 小麦(CME):315.31円
    • 生牛(CME):92.13円
    • 赤身豚肉(CME):78.34円
    • アラビカコーヒー(ICE US):106.38円
    • 冷凍オレンジジュース(ICE US):88.28円
    • ココア(ICE EU):165,290円
    • ロブスタコーヒー(ICE EU):74,854円
    • 菜種(ICE CA):22,925円
    • 砂糖11号(ICE US):9.26円

    各構成銘柄の配分比率は、

    IFIJ(算式)=(各構成銘柄の対基準値比率×配分比率)の総和×倍率(10000)
    IFIJ算出時の対象価格は、期近限月のセツルメント価格とする(限月の移行時は翌限月を含む)。

■IFIJの主な特長

  • 我が国の輸入食料価格における総合的な標準指標

  • 商品取引所発の透明性及び公共性の高い指標

  • 先物市場データにより構成した先行価格指標

  • デイリーで発信する速報性を持つ指標

  • 「食」をテーマとした時代のニーズに応える指標

■ライセンス契約について

「IFIJ」を商業的に利用する場合及び第三者に配信・提供する場合には、本所とのライセンス契約が必要となります。ただし、我が国の輸入食料動向を表す指標等として、「IFIJ」を自己で利用する場合には、ライセンス契約を要するものではありません。

 IFIJ(輸入食料指数)をはじめとする大阪堂島商品取引所(以下「本所」という。)が算出・公表する商品指数(以下、「IFIJ等」という。)は、本所の知的財産であり、IFIJ等の算出、数値の公表、利用などIFIJ等に関する権利は本所が所有しています。

 このため、IFIJ等を使用して、ファンドやリンク債などの金融商品を組成・売り出す場合(相対契約によるオプション、スワップ、ワラントなどデリバティブ取引の対象にする場合を含みます。)など、IFIJ等を商業的に利用する場合には、本所とのライセンス契約が必要となります。

 また、本所が定める方法によりIFIJ等を第三者に配信・提供等する場合にも、本所とのライセンス契約が必要となり、IFIJ等をホームページ等に掲載するときも、ライセンス料金が発生する場合がありますので留意願います。

●IFIJ(輸入食料指数)に関するお問い合せは下記まで。
大阪堂島商品取引所
TEL:06-6531-7931、 FAX:06-6541-6831